かもいフックと吸盤フックを買った

「片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)」という本を買って、ほんとに少しずつだけど、すっきりと心地よく暮らせるように片づけを見直し中。

今日は、100円ショップのSeriaに行って、書籍でも紹介されていた「かもいフック」と前から欲しかった吸盤フックを買ってきた。

かもいフック

子供の中学校の制服は、わたし的にはクローゼットの中に閉まってくれた方が部屋がすっきりとしていいのだけど、子供にとっては、毎日クローゼットに収納してそこから出すのが億劫なようで、和室においてある棚にポンっと脱ぎ散らかしたり、ハンガーにかけてそのままかもいに引っ掛けていたり、なかなか思うようにはやってくれない。

まぁ、子供にとってはクローゼットにいちいち収納するよりも、かばんなどが近くに置いてあるところにあったほうが使い勝手がいいのだろう。

ということで、個人的には洋服がかもいにかかっているのは見苦しくて好きではないけれど、棚の上に放置されてシワになるほうがもっと嫌なので、100円ショップに行って「かもいフック」なるものを買ってきた。

P1020947
かもいフックを買うのは今回がはじめてで、100円ショップに売っているのは知っていたけど、どの売り場に置いてあるのかわからずに探すのに手間取った。

わたしが行ったSeriaでは、「工具&DIY」と書かれたコーナーに置いてあったけど、かもいフックは工具でもDIYでもないと思うのはわたしだけ?

P1020948
取り付けは至って簡単で、かもいにひっかけてネジを締めていくだけ。
これで1.2kgの重さに耐えられるのだから100均も侮れない。

P1020949
制服の上着は結構重いので正直何キロぐらいあるのかわからないけれど、ひっかけても問題なく、落ちてこない。

P1020950
今回は2つ購入し、1つは制服の上着・もう1つにはワイシャツとズボンをかけるようにした。

P1020951
透明だからそんなに目立たないし、これにしてよかった。

吸盤フック

P1020944
洗面台のコップ、普通に置いておくと裏側が汚くなって洗うのが面倒だから、コップをひっかけるために、吸盤フックを買った。

ついでにコップも主張しない白へ変更。

P1020945
汚れが落ちやすい防汚剤 クリンベル配合と書いてあるけど、効果があるんだろうか?

P1020946
吸盤フックは700gまで耐荷と書かれていたけど、設置して20分ほどしたら吸盤がはずれてコップが落ちていた。

接着面を綺麗にしてから再度つけなおして、とりあえず今のところは落ちてこないけど、もう1つ大きめの吸盤フックにすればよかったかも…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。