無印良品のポリプロピレンストッカーに目隠しを作った

2014年8月2日

洗面所に無印良品のポリプロピレンストッカーをこんな風に置いています。中には、石鹸のストックやタオルやドライヤーなどを収納しているのですが、やっぱり透けて見えるとどうしても汚く見えてしまうのがイヤですね。

P1030954

以前から目隠しを作らないといけないなと思いながらもずっと放置していたのですが、今日はなぜかやる気になったので、目隠しを作ってみることにしました。

図画工作は苦手なので正直面倒くさいです。

クリアファイルを使って目隠し

無印良品の半透明の収納に目隠しをしているのは雑誌やブログでよく見かけるのですが、プラダンを使っている人が多いような気がします。

ですが、ズボらなわたしはプラダンを買いに行くのすら面倒だったのでおうちにあるもので対処しようと思います。

用意したもの

  • クリアファイル
  • セロファンテープ

P1030956

全部おうちにあったので、特に支出はありませんでした。

作り方

  1. まずは、紙にプリンタで好きな柄を印刷。今日は北欧の気分なのでartek sienaにしてみました。
  2. それから、無印良品のポリプロピレンストッカーの内側のサイズを測ります。
  3. クリアファイルと紙を測ったサイズにカットします。
  4. 差し込むだけだとすぐに取れてしまいそうだったのセロハンテープで固定。

P1030957

完成

無印良品のポリプロピレンストッカーは前面の下の部分が少し段差になっているので若干中身が見えるのが気になりますが、めんどくさがりなのでとりあえずこのままでいきたいと思います。お客さんには見えないところですし…。